シンプルさ

婚約指輪と結婚指輪の違い

プロポーズを考えている男性にとって婚約指輪は必要ですが、結婚指輪とどう違うのと思っている人もいるかもしれないです。婚約指輪は、プロポーズで結婚の約束をするときに、婚約の証として男性から女性(彼女)に贈る指輪です。ちなみに、ダイヤモンドなどを使用している高価なものを選ぶのが一般的です。結婚指輪は、結婚式で二人の誓いの証として交わされるもので、簡単に言うとペアリングです。ちなみに、結婚後も日常的に指輪をはめている(薬指に)ことが多いので、婚約指輪よりもシンプルで安いものが一般的です。 婚約指輪は給料の3ヶ月分とよく耳にすると思いますが、一般的な相場は30万円くらいです。ちなみに、結婚指輪は10〜15万円くらいが平均的な相場です。

ダイヤモンドの4Cとは

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれていて、デザインはソリティア、エタニティ、パヴェ、メレがあります。ちなみに、定番のデザインはソリティアです。 最近はいろいろなデザインリングがありますが、エンゲージリングの主役は何と言ってもダイヤモンドだと思います。ダイヤモンドの品質は4Cで表されます。4Cとはカット、カラー(色合い)、クラリティ(透明度)、カラット(重さ)です。カラットは、一般的に0.25〜0.5カラットのダイヤを選ぶ人が多いです。カラーは、素人目にはあまり差が分からないので、あまりこだわらなくてもいいと思います。カットは、素人が見ても見た目が全然違ってくるので、エクセレント以上がオススメです。 予算に応じてですが、コストパフォーマンスが良くて、より豪華に見えるダイヤモンドを選んだほうが良いです。